病院の中の保育所

小規模な会議室

病院内保育とは、病院の敷地内や建物の一部に設置された保育施設のことで、元々は日勤や夜勤など24時間交代をしている看護師のために設置されたのが始まりです。 近年では女性の社会進出の増加で、看護師以外でも病院内で働く医師やその他の職種の人でも利用できるようになっているところが大半です。 病院内保育の設置が増加した理由は、女性の社会進出が増加する一方で、核家族化や保育所不足などの影響で、結婚や出産を機に離職する看護師や女性医師も多く、人材不足となる病院が増加したこともあります。特に地方にいくほど人材不足は深刻となっており、このような背景を受けて、最近では病院内保育を受託運営している事業所も増加しています。

現在では結婚や出産後も仕事を続けることを希望する女性が増加していますが、一方で、全国的に認可保育園の数は少なく、待機児童が多くて働きたくても働けない女性も多くいます。 日本では高齢化と同時に少子化も進んでいるため、出産しても働きやすい環境づくりを進めていく必要があり、病院内保育に関しては国の補助金制度の対象となっています。 女性の社会進出増加の影響もあり、近年では男性に対しても育児休暇制度を設けている企業も増えてきています。 最近では保育施設の受託運営をする事業所も増えており、企業にとっては保育の運営に時間を取られることなく保育施設を設置できるので、今後は様々な業種で需要が拡大していくことが予測されます。