求めるサポート

プレゼンテーションをする外国人男性

企業内保育を行っている会社は、まだまだ少ないですね。保育所が、働きたい女性のことを考えて存在しているわけではありませんので、妊娠や出産で仕事を辞めなくてはならない女性が増えているのです。 安定した収入を、出産と引き換えに手放すということになれば、女性は出産することを躊躇ってしまいます。自分の収入が無くなる上に、子供を育てていく為の養育費が莫大にかかってくるのです。そういう未来のことを考えると、経済的に不安でなかなか踏み切れなくなるのも無理はありませんよね。しかし、職場の中に企業内保育が導入されれば、朝も子供と一緒に出勤して、仕事の帰りに子供と帰ることが可能になります。これほど理想的な環境はないでしょう。

御主人が大黒柱であるうちは、女性が妊娠や出産と同時に仕事を退いても、生活はしていけるでしょう。しかし、けっして余裕のある生活ではないと想像できます。大黒柱に万一のことがあれば、女性と子供は路頭に迷ってしまいますね。 働く意欲のある女性は、子育てをしながらも仕事もこなしていけるのです。その為にも企業内保育は、非常に有効な措置です。退職をせずに働き続けることによって、子育てが終わった女性の将来も安定してきます。仕事をしっかりと覚えてくれている女性が、企業内保育のおかげで仕事を続けられれば、会社にとってもプラスなことです。会社の中で子供を育てながら、社員の家計も安定させていけるなんて、この上なく理想的なことです。